まずは新千歳空港へ

ニセコエリアは北海道の「道央」地域、後志(しりべし)と呼ばれる地方のほぼ中心に位置します。
札幌市内からは約100帰路、新千歳空港からは約110キロの距離です。札幌及び新千歳空港からはJRも良いですが、一番のおすすめはレンタカーでの移動です。

 

飛行機

最寄りの空港は新千歳空港。
国内外から直行便が運行し、国内ではLCCによる便数も多くあります。
車で約2時間、JRを利用した場合は2.5〜3時間ほど。
荷物が少なければ、JRを利用し途中の小樽や余市で観光するのも良し。
荷物が多かったり、複数人で移動するならばレンタカーがおすすめです。

新千歳空港へ到着した後、ニセコエリアへの交通手段で最も便利なのは、車移動です。
レンタカーもしくは貸切タクシーを利用する場合;

貸切タクシー:新千歳空港 → ニセコ

SkyExpress社 (0136-55-5601) が貸切タクシーを運行しています。
複数人で移動するならもっともおトク。

レンタカー

ニセコクラシック前後も道内散策するにはレンタカーが一番。
新千歳空港には多数のレンタカー会社があります。
レンタカー会社一覧はコチラ

道内各地からニセコまで。車での所要時間;

出発地 距離 時間 ルート
新千歳空港 110km 2時間15分 276号線(美笛峠経由)
札幌 100km 2時間 230号線(中山峠経由)
小樽 70km 1時間15分 5号線
函館 180km 3時間

JR 電車

新千歳空港からJRで約3時間。途中から「電車」ではなく「汽車」になります!
列車によっては小樽駅で待ち時間がありますので、乗車前に乗り換え案内などでお調べください。
「ニセコ駅」や「ひらふ駅」ではなく「倶知安駅」で降りるようにしてください!

倶知安駅からニセコクラシック会場がある「ヒラフ地区」まではタクシーで10分ほどの距離です。

ルート 時間
小樽駅 → 倶知安駅 1時間10分
札幌駅 → 倶知安駅 2時間
新千歳空港駅 → 倶知安駅 2時間45分
函館駅 → 倶知安駅 3~4時間
東京駅 → 倶知安駅(北海道新幹線) 7~8時間

 

フェリー

お住いの地域によっては、フェリーで北海道へと入るのが最もラクかもしれません。
ご自身のお住いから車へと自転車と荷物を積み込んだら、ニセコまで荷ほどきの必要なし!

フェリー会社一覧:

MOL(商船三井フェリー)あんふらわあ

太平洋フェリー

シルバーフェリー

青函フェリー

津軽海峡フェリー

新日本海フェリー